地中熱ヒートポンプとは

地中熱ヒートポンプとは

ヒートポンプとは熱(Heat)を汲み上げる(Pump)ことから名づけられている通り、温度の低いところから温度の高いところへ熱を移動させる仕組みのことです。

温度の低いところから温度の高いところへ熱を移動させる動力は、水ポンプにおける高低差と必要動力の関係と同じように、温度差が増えれば増えるほど大きくなります。地中熱は外気温に比べて室内との温度差が小さいため、必要な動力が小さくなります。

水位の高低差と動力の関係

地中熱ヒートポンプは、地中からの自然エネルギーを採熱し、使用電力の4倍の暖房エネルギーを作ります。

暖房と冷房

地中熱ヒートポンプの有効性

CO2排出量



●シミュレーション条件(当社試算による)

・延床面積/木造住宅 125m²
・熱損失係数(Q値)/札幌 1.6W/m²K、
 東京 2.7W/m²K (次世代省エネルギー基準相当)
・暖房負荷は暖房度日法により計算 (室温20℃、全室24時間暖房)

●使用した原単位

電気・灯油: 環境省地球環境局 『地球温暖化対策地域推進計画策定ガイドライン第3版』による
ガス: 北海道ガス株式会社(札幌の場合)、東京ガス株式会社(東京の場合)による
1次エネルギー換算: NEDOエネルギー関連資料 (平成22年)