地中熱ヒートポンプ導入事例 [導入実績]

環境の事を考える。コストの事も考える。そんな方に選ばれています。

冷暖房兼用機であるGSHP-1001は全国的に785台、また、2011年から販売を開始したGSHP-1002もすでに702台の販売実績があります。寒冷地では主に灯油熱源に変わるオール電化住宅向けの暖房熱源機として、温暖地においては冷房排熱によるヒートアイランド現象の緩和策として導入される傾向が強く出ています。

北海道・東北 北海道 青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島
台数 627 124 144 179 97 27 192
kW数 7,032 1,401 3,257 2,135 1,118 378 2,345
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
台数 16 34 9 34 13 84 30
kW数 240 457 106 540 130 867 300
中部 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井 岐阜 愛知 静岡
台数 16 89 26 16 3 2 33 7 5
kW数 160 1,546 317 160 30 12 384 70 50
近畿 大阪 京都 滋賀 三重 奈良 兵庫
台数 9 10 1 3 3 1
kW数 106 100 10 30 70 10
中国・四国 岡山 広島 鳥取 島根 山口 香川
台数 6 53 3 1 2 1
kW数 60 570 30 10 20 10
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄
台数 18 7 3 1 3 1
kW数 180 70 30 10 30 10

(平成30年9月末現在)